Dancer

団長/Leader: Rumiko

劇団AFRICA団長Rumiko

ナセバナルナサネバナラヌナニゴトモ♪
随時団員募集中!!みんなで最高のスペクタクルば作りましょう!」

Started dancing since childhood as classic ballet, jazz hip-hop, encountered West african dance. Since 2003 visite and learn traditional and ballet style dance in Guinea Republic every year. In 2006 launched “Gekidan AFRICA” in Fukuoka city, the pioneer group in Japan of african ballet style, now engage in various activities as african dance performer, making baby drama , instructor and lecturer of international exchange program in school.Had a dance w.s inHong Kong,Korea,China,Korea and Singapore.Now she is 3kid’s mother,and discovering new world.

Able to converse in Japanese,English.

facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008180138375

1982 幼少の頃よりクラシックバレエをはじめ、その後ジャズダンスに転身。様々なダンスをかじりながら、L.A.に短期ダンス留学をする。
1996 アフリカンダンスに出会い衝撃を受ける。福岡を中心に数々のイベントに出演しながらアフリカに想いを馳せる毎日を送る。
2003 この音楽は一体なんなんだ!!私は何処から来たんだ!!人間ってなんなんだ!!生きるってなんなんだ!色んなROOTSを知るべく、念願の西アフリカ・ギニアに渡る。
いろんな国に行ったけれど、こんな国初めて。音楽だらけ、吉本新喜劇ばりの(不便だけれど)楽しい毎日に脳みそが侵される。
2004 再びダンス・パーカッション修行の為、単身ギニアに渡る。知れば知るほど、ディープな世界から、もう戻れない。〔お父さんごめんなさい〕
その後毎年、数ヶ月ギニアに修行の旅に出る。現地アーティストと数々のイベントに出演しながら交流を深める。
2005 アフリカンダンスクラスを福岡で始める。
その後冬の間は、正月は実家に帰るのりで修行に旅立ち、この年は、CUBA,JAMAICAへ寄り道し、民族舞踏を学ぶ。
2006 日本一のバレエ団を福岡から発信すべく、みんなで劇団アフリカを立ち上げる。
2007 ギニアで日本人の為のワークショップを主催。日本とギニアの架け橋になりたいなーと思い始め毎年、主催することにする。
2010 長男誕生をきっかけに、福岡市共働事業 乳幼児の為の初めての芸術との出会い事業のアーティスト研修に参加。同年、韓国・香港でダンスワークショップを開催。
2012 N.Yへ研修へ。
2013 まさかの双子出産。子育て支援と文化芸術についての活動にいそしむ。
2014 中国と三島村で行われたママディ・ケイタ氏率いるTTMDAワークショップにダンス講師として参加。同年シンガポールでもワークショップを行う。現在ダンサーとしてだけではなく、他ジャンルの音楽とのコラボレーション企画、制作、運営のほか、ゲストティーチャーとしても小、中学校、高校などで国際交流に努め、幅広く活動中。

 

Minazo (みなぞう)

劇団AFRICA-minazo/みなぞう「love!smile!nature!simple!」

盆踊り中に生誕。
九州産業大学/芸術学部/写真学科 卒業
学生の頃よりアフリカンダンスを始める。
過去に何度もギニア共和国、マリ共和国を訪れる。
現地の方と生活を共に送りながら、舞踊と太鼓を習得する。
アフリカのダンスと音楽がもたらすパワーと幸せに感謝し、
多くの人と幸せを共有すべく福岡を拠点に、ダンスクラス、子供向けワークショップ、ライブ、授業、イベントなどを行っています。ギリギリ★マンディング、アフリカビフェに所属。


 Kosuke (コウスケ)

劇団AFRICA-Kosuke/コウスケ

「漠然とした夢を一つあげるならば、ダンスで世界を平和にすること。

1988年3月生まれ。ダンスとの出会いは正直覚えていないが、高校生の頃ブレイキンに憧れてダンスをかじる。ほんとにかじる程度。高3の夏に公園で練習していると、ひとりの人間と遭遇。はじめてのダンス仲間。その仲間の言葉のおかげもあり、ダンスの専門学校へ行くことを決意。2006年4月 福岡スクールオブミュージック専門学校に通う。2008年3月 専門学校を卒業し、アルバイトをしながらClubショー等で活動中。


Pori (ぽり~ヌ)

劇団AFRICA-Pori/ぽりーヌ

「ゆっくり、しっかり、ぽリーヌちゃん、ガンバリマース」 

1984年 2月長崎県生まれ。劇団アフリカ第一回公演、アクロス福岡公演ドラマーとして参加。以後、活動を離れるが劇団アフリカ各公演にスタッフとしてお手伝い。

2010年2月念願のギニアへ。バラフォンとダンスワークショップを受ける。2010年8月より、劇団アフリカ活動に参加。


 AZU (あず)

劇団AFRICA-Azu/あず「日々精進!日々勉強!」

三重県出身。2009年 TOMOの影響にて AFRICAN に出会う。
とりあえず、太鼓もダンスもやってみる。どはまりする。オーストラリア在住ギニア人ダンサーに師事、国内で唯一の三島ジェンベスクールワークショップにも参加。三重県にてJAMZIとして地域のお祭りやイベント等にてLIVE活動を行う。2012年3月 福岡へ移住、劇団AFRICA に入団。

 


Kayo (かよ)

劇団AFRICA-Kayo/かよ「音楽のチカラをしんじてます
KAYOSMILEで人々をしあわせにさせるのです?」

1981年、福島県のムーミン谷に生まれる。大自然の中、裸足で駆けまわりすくすく育つ。
1984年、マイク片手に人前で歌うのが大好き。おひねりをゴミを投げつけられたと勘違いし、怒って投げ返す。
1987年、ピアノをはじめる。音楽を奏でるのって楽しいっと感化される。2004年、看護師として働きながらギニア人、日本人のアーティストにジェンベを師事。アンサンブルの楽しさを知る。2005年にアフリカンダンスをはじめ、2013年念願のギニアに渡航。二ヶ月間ダンスとドラム、バラフォンのレッスンに明け暮れる。


 コンデン KONDEN

劇団AFRICA-Konden/コンデン西アフリカ、ギニア共和国生まれの神様。日本で言うところのなまはげ的存在で、村の子どもたちの人気者。劇団AFRICAではプロモーション部長として、お店のPRやチラシ配りなどさまざまなシーンで登場。雨に弱いが、その存在が人気を呼んでいる。

 

LINEで送る

ページ上部へ戻る